07.

和辻哲郎『日本語と哲学の問題