01.

よしだともこせんしゅういち のうてんふぁいら

吉田知子選集Ⅰ 脳天壊了

吉田知子/著

町田康/巻末

 

〇在庫僅少

定価1,500円+税

四六判/256ページ/並製

ISBN 9784907105006

2012.12発行



異界・幻想・恐怖とユーモアの短篇集

死にかけの中瀬とひくつな杢平、満州帰りの二人の初老の男の腐れ縁を不可思議な筆致で描く「脳天壊了」。ほか、川端賞受賞の「お供え」など全7篇。

 

【目次】

脳天壊了

ニュージーランド

乞食谷

寓話

東堂のこと

お供え

常寒山

「脳天壊了」への四題/町田康

 

【著者】吉田知子(よしだ ともこ)

1934年浜松生まれ。

名古屋市立女子短大経済科卒業

1970年「無明長夜」で第63回芥川賞を受賞

1984年「満州は知らない」第23回女流文学賞

1992年「お供え」第19回川端康成文学賞

1999年「箱の夫」第27回泉鏡花文学賞 

 

ほか「天地玄黄」「生きものたち」「聖供」「蒼穹と伽藍」「千年往来」「日本難民」など作品・著書多数。2000年第53回中日文化賞受賞。

 

〈書評・紹介〉

2012.12.27

海文堂書店日記「週刊 奥の院」

 

2013.01.02

長崎書店「ながしょブログ」

 

2013.01.15

中日・東京新聞夕刊〈自著を語る〉

 

2013.01.16

中日新聞朝刊〈週刊読書かいわい〉

「読めない作家」奇跡の作品集 清水良典さん

 

2013.01.17

中日・東京新聞夕刊〈大波小波〉

「取り戻すべきものは何か」

 

2013.02.17

朝日新聞朝刊〈著者に会いたい〉

「日常の中に立ち現れる異界」

 

2013.03.05

週刊朝日 3月15日号〈週刊図書館〉

「今も読者を驚かせ続ける濃密な文体」清水良典さん

 

2013.03.17

北海道新聞〈現代読書灯〉稲葉真弓さん

 

2013.04.14

西日本新聞朝刊  「本の窓」