地獄の人口が毎年五千万の霊魂で増えていることをまず認めよう。

 

(「ヒロシマの人々の物語」)

 

 

 

ヒロシマの人々の物語

 

ジョルジュ・バタイユ(著) 酒井健(訳)

 

 

定価:520円+税 

 



 

四六判/64ページ/並製

ISBN 978-4-907105-04-4

C0010

2015.03発行

 

 内容 

 

バタイユのヒロシマ論。

 

ジョン・ハーシーのルポ『ヒロシマ』を読んだバタイユが、ヨーロッパの他の知識人に先駆けて書評として発表した論考。

 

目次
ヒロシマの人々の物語
原注・訳注
訳者あとがき
 著者 

ジョルジュ・バタイユ Georges Bataille(1897―1962)

20世紀フランスの総合的な思想家。小説、詩も手がける。生と死の狭間の感覚的かつ意識的体験に人間の至高の可能性を見出そうとした。その視点から、エロティシズム、芸術、宗教、経済など、人文系の多様な分野で尖鋭な議論を展開した。キリスト教神秘主義、シュルレアリスム、ニーチェ哲学などに思想の影響源がある。 

 

 訳者 

酒井健 さかいたけし

1954年東京生まれ。現在、法政大学文学部教授。フランス現代思想、西欧文化史。『ゴシックとは何か-大聖堂の精神史』2000年度サントリー学芸賞。著書に『バタイユ そのパトスとタナトス』『バタイユ入門』『ゴシックとは何か』『バタイユ』『シュルレアリスム』『死と生の遊び』『魂の思想史』など。バタイユの訳書に『ニーチェについて』『エロティシズム』『ランスの大聖堂』『純然たる幸福』『至高性』。

 

  関連書籍  
  書評・紹介 

2015年4月17日

読売新聞広島版

 

2015年6月26日

中日新聞夕刊「ヒロシマの教え」酒井健